大人夫婦の家

Add comments

仕事や育児に励む30代~40代。
50代になってくると家でゆっくりしたいと思い始めると思います。
子ども達も成長し、休日には孫と過ごす時間を何よりも楽しみにしているという世代でもあります。
そして60代になると今までは気にならなかった少しの段差や階段が体に負担となってくるのです。
快適に過ごしてきた家だと思っていても、歳を重ねることで快適さを感じにくく、またより快適な空間を求めるようになってくるのです。
家をリフォームするという人も少なくありません。

大人の夫婦がこれからの暮らしをより楽しめるようにするための家造りも大切なことだと思います。
私の実家が実際色々な部分をリフォームしています。
脱衣所と浴槽をリフォームして、段差なくスムーズに行き来できるようになりました。
また一日のうちキッチン・ダイニング・リビングを中心に生活する私の両親は孫が来た際にもみんなで広々と食事ができるようにリフォームをしました。

築30年にもなる私の家は昔からある純和風の家でしたが、広々と開放感のあるリビングは見違えるようでした。また庭もリフォームしました。
庭のリフォームにおいても孫と一緒に遊んだり、バーベキューをしたいという理由から行いました。
庭をリフォームしたことでリビングから庭を眺める楽しみが増え、植えている木や花々をお手入れして今までと違ったマイホームへの愛着が湧いているのです。
その時々で住宅に求めることは違ってきます。
それに柔軟に対応していつまでも住みやすい快適な家でありたいものです。

Posted on 10月 29th 2014 in 家の話

Comments are closed.