バリアフリーが当たり前の時代ですが

Add comments

住まいを新築する時、最近、バリアフリーにするようになりました。日本の伝統的な住まいでは、玄関についても、玄関土間と玄関ホール(廊下)の間には、大きな段差がありました。靴脱ぎ石や式台が必要なほどです。しかし、最近は、玄関土間と玄関ホールの間に段差を設けないため、上がり框も必要なくなりました。しかし、日本の習慣では、玄関土間で靴を脱いで、住まいの中へ入ります。ただ、段差がないということは、玄関土間と玄関ホールの位置が特定できません。玄関土間と玄関ホールの床材を替えたり、別の素材で、線引きをしたりすることで、靴を脱ぐ位置を特定します。

私の友人が住まいを新築した時、玄関土間や玄関ホールの間に段差を設けず、床材も自然石風のタイルを張りました。また、一部を間仕切りして、シューズクロークを作りました。段差がないことで、玄関がすっきりとしました。欧米での生活は、玄関で靴を脱ぐことなく、土足のままで、住まいへ入ります。靴を脱ぐことがないので、段差がないのは便利です。しかし、日本のように靴を脱いだり、履いたりする習慣があると、段差がないということは、反対に不便です。特に、高齢になったり、体が不自由になったりしたら、バランスを崩しやすくなります。一般的には、バリアフリーにすると、段差につまずいて、転倒する危険性がかなり低くなります。ただ、場所によっては、バリアフリーであることが、必ずしも、転倒防止につながるわけではありません。

また、シューズクロークへ靴を収納してから、室内へ入る家族にはあまり問題はないのですが、玄関土間から玄関ホールへ直接入るお客様は、どこで靴を脱ぐか、戸惑うこともあります。また、靴を脱いだり履いたりする時、段差がないことで、不安定になります。玄関の要所にベンチを設けたり、手摺をつけたりすればよかったと思いました。また、玄関土間と玄関ホールの境目が分かるように、工夫すれば良かったと思います。

Posted on 10月 2nd 2014 in 家の話

Comments are closed.