浮造りの床

浮造りの床 はコメントを受け付けていません

 私が住んでいる地域は杉の生産で有名であり、床材にはこの地元の杉を用いました。杉のフローリングには浮造り加工を施しました。
この浮造りとは、木の柔らかい部分を磨きながら削ぎ落としてへこませ、年輪が凹凸になるように仕上げる加工方法です。杉などの柔らかい木材ならではの仕上げ方法と言えます。木目が浮き上がったような仕上がりになるだけに、木目の美しさを際立たせることができますし、触感の良さまでも高められるのです。
やわらかくて足腰にやさしく、木目の凹凸が足の裏を心地よく刺激してくれます。マッサージ効果が得られますし、足裏を刺激することで、身体のバランス改善を促すことができたり、肩こりや頭痛などを予防することができるとも言われています。また、木目の凹凸が可視光線を吸収して光の反射を抑え、眼精疲労を減らし目に優しい空間をつくってくれるのです。
また、凹凸があることで滑りにくく、小さな子どもからお年寄りまで安全に過ごせますし、子ども達の偏平足予防としても有効と言われています。無垢材フローリングは、夏でもサラサラとした肌触りですし、冬はほのかにあたたかみを感じられるため一年を通して素足で暮らしたくなる住まいが広がります。素足での暮らしが楽しめるだけでなく、自然治癒力が高まるとも言われているのです。合板フローリングだと夏はペタッと張り付いたような感触ですし、冬はヒヤッと冷たく素足で歩くことなどできません。触感の違いは歴然なのです。
また、キズが目立ちにくいというメリットもあります。キズがついても経年変化によって味わい深さとさえ感じられるほどなのです。素材だけでなく加工方法によっても触感は異なるため、しっかりとこのような点にも注目し、快適で住み心地のいい住まいとなるようにしておきたいものです。

Posted on 4月 7th 2022 in 家の話