冬でも入りたくなる浴室

コメントは受け付けていません。

冬になるとこたつや暖かい部屋から出たくなくなり、特にお風呂に入るのが面倒と感じる人は多いと思います。還暦に近い私の父は、冬になると汗をかいていないし面倒だから今日はお風呂に入らない!などと言い入浴を嫌がります。冬場入浴が面倒くさいと感じる理由として、部屋の温度差があげられます。

暖かいリビングから一歩外に出るとひんやりとした廊下を通りお風呂で服を脱ぎ裸になります。この移動の際の温度差をなくすことが一つのポイントです。高気密・高断熱住宅にして家全体を暖めてくれる造りにすることや、床暖房を完備し家全体を暖め気温差をなくすことも有効的でしょう。しかしそのようにするにはコストがかかり抵抗を感じる人もいるかもしれません。

浴室をヒヤッとした印象を持たないように浴室暖房乾燥機を設置したり、浴室の床材に配慮するのもいいと思います。一番風呂でも浴室に足を踏み入れた時の冷たい感触をなくし、保温性にも優れた床材がベストです。床材だけでなく浴槽にもこだわることで冬場の入浴タイムの楽しみ度やリラックス度は随分と変わってくることでしょう。冷めにくい浴槽、足をゆっくり伸ばせる浴槽、洗い場から浴槽へ出入りしやすいことなどこれらの点に配慮するだけで格段に快適性が高まるはずです。

浴室は一日の汚れを落とす場でもありますが、心身ともにくつろぐことのできる場でもあります。それだけに自宅の浴室は面倒になりがちば冬の入浴タイムを楽しい時間へとなるように工夫すべきだと思います。

Posted on 10月 5th 2016 in 家の話

横一直線の家事動線

コメントは受け付けていません。

家事や育児に毎日慌ただしく過ごしている私が家造りで一番重視したのが、家事動線です。家事には365日休みがありません。自分が高齢になった時でも続くものでもあるだけに家事を行う環境をしっかりと整えておくべきなのです。そこで我が家が取り入れたのが、横一直線の家事動線です。

家事の中心となる空間はキッチンです。主婦の多くが一日の大半をキッチンで過ごしています。このキッチンと洗面室は家事を行う上で一番行き来をします。キッチンで炊事をしながら、洗面室で別の家事を行うこともあり同時に2種類の家事を行うことも多いです。このキッチンと洗面室を横に配置し動線を短くしたのです。動線が短いことで家事効率も高まりますし、行き来の頻度の高いこれらの空間を横一直線で繋ぐことで移動のしやすさも高まります。

そして一日三度もある食事の支度。この場合にはキッチンとダイニングを行き来します。我が家はキッチンとダイニングにおいても横に配置し、横一直線の家事動線を取り入れたのです。4、5歩でキッチンとダイニングを行き来できるので配膳や食後の片付けがとてもスムーズに行えます。キッチンの隣にダイニングを設けたことで、家族にとってキッチンという空間が身近にも感じられるようになりました。子ども達も料理に興味を示しお手伝いをしてくれたり、食事の支度や、食後のお皿下げを積極的に行ってくれるようになったのです。キッチンを中心に横一直線の家事動線を採用したことで家事の効率が非常に高まっています。

Posted on 8月 18th 2016 in 家の話

建売住宅

コメントは受け付けていません。

私が住んでいるところのすぐ近くに8軒ほどの分譲地ができました。人気の土地はすぐに売れ、2か所ずっと売れ残っていました。しかしそのうちの一つが建売住宅物件となり販売されていました。建売住宅にすると不思議とその物件は売れていました。

建売住宅のメリットは何と言っても価格です。費用の中に土地代も含まれているので土地を探す手間やコストを考えると建売住宅はお得です。以前は建売住宅の欠陥が多かったですが、近年では著しく少なくなりました。その理由として一定水準以上の建物物件でなければ建築や保証会社から認定がおりないようになっているからです。また建売住宅で使用される建材は廃材などを使用しているのではないかと不安に思っている人も多いと思いますが今時そのようなことは決してないと専門業者の方から話を聞きました。

しかしながらコストダウンを実現するためにはグレードの低い製品を使用しているというのはあるようです。欠陥がなく耐久性にも異常はないが、使用される部材は平均的なこだわりのない住宅になっているのです。

建売住宅は費用やその他間取りも完成されているのでイメージしやすいので家具などのサイズやデザインを選びやすくなります。しかしながら注文住宅のように自由設計ができないため間取りや建材を自分好みのものを選択できないデメリットもあります。私の家の近所に建ったその建売住宅は立地条件の良さも即売れた理由の一つに挙げられると思います。近所に幼稚園や小学校、そしてスーパーや生活に必要なものが近くにあり、それでいて緑も溢れているので生活のしやすさが購入する後押しとなったのでしょう。建売住宅の良さも考慮しつつマイホーム購入に向け住宅について向き合ってみたいと思います。

Posted on 7月 11th 2016 in 家の話

ママのワークスペース

コメントは受け付けていません。

私はパソコンを使用した仕事をしています。家事の合間を見てはパソコンで仕事をすることが多々あります。家事の合間の休憩も、パソコンでの仕事もダイニングテーブルで行っています。いざ食事をする時などパソコンが出しっぱなしで慌てて片付けをしたりと大変面倒くささを感じています。

いつも長時間過ごすキッチン横にママのためのワークスペースを設けることでこの不満を解消できるのです。キッチン横にパソコンを置いておけるように備え付けのデスクを設け、パソコン関連用品や仕事で使用する資料からレシピ本まで収納できるスペースを設ければ仕事がしやすく、また料理効率も高められると思います。パソコンでレシピ検索をして料理をすることも多々あります。時にはレシピ本を広げて料理することもあります。キッチン横にワークスペースを設けておくとそれらを見やすく料理もスムーズに進められます。

窓際にこのスペースを設けることで明るく開放感のあるワークスペースとなるでしょう。またワークスペースで仕事をしながらリビングで遊んでいる子ども達の様子もきちんと確認できるので子育て中のママにとっても働きやすい場所と言えるでしょう。また子ども達の勉強するスペースとしても活用させるといいなと思っています。宿題をするスタディーコーナーがキッチン横にあれば料理をしながら宿題のチェックもしやすくなります。また子どもにとっても近くに母親がいることで安心感が高まり勉強もしやすい環境になるのです。キッチン横にママのためのワークスペースを設けたいです。

Posted on 6月 9th 2016 in 家の話

寝室

コメントは受け付けていません。

寝室は寝る時にだけしか利用しないという家庭も多いのではないでしょうか。我が家も以前住んでいた住宅ではそうでした。しかし新築住宅では寝室はただ寝るだけの空間ではなく、プライベートリビングのような空間にしたいと思ったのです。このようにすることで一階だけでなく二階で過ごす時間にも愛着が湧き、二階のスペースも大事にしようという心掛けにも繋がるのです。

家族みんなが集まるリビングは、いつもにぎやかで楽しい場です。寝室は、夫婦で過ごす時間やひとりの時間を大切にし、ホッと安らげて最高にリラックスできる空間にしたいと思ったのです。寝室にはスキップフロアを設けてそこを書斎スペースとして利用しています。主人の希望でもある書斎スペースをこの寝室に設けたのです。スキップフロアには腰壁を設けて、夫婦で寝室で過ごしているのですが、互いの時間を尊重できるように視線を緩やかにカットするようにしたのです。同じ空間にいることで夫婦の繋がりを感じながらも、それぞれの時間を満喫できるのです。

寝室のスペースをより有効的に使用できるようにするためウォークインクローゼットの収納量も重視しました。夫婦の衣類が管理できるだけでなく、スーツケースや布団など幅広い物を大容量に収納できる広さがあります。そのウォークインクローゼットの一角にお化粧コーナーを設けてもらいました。夜のお肌のナイトケアをする場所として重宝しています。ここでトータルコーディネートできるのも嬉しいものです。寝室はただ寝るだけという考えを捨てて、プライベートリビングというような感覚で夜の時間をここで楽しむのもいいのではないでしょうか。

Posted on 5月 6th 2016 in 家の話

天然素材の無垢の家

コメントは受け付けていません。

我が家の新居は素材にこだわった家造りをしてきました。床材、柱、階段いたるとこまでふんだんに地元の杉を使用しました。床は浮造りにしたのです。この浮造りとは、柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として木目を浮き上がらせ、見た目にも美しく、肌触りのよい床材です。またあえて塗装をせずに、木の香りが漂う室内に仕上げました。

木の本来の木目の美しさを見て感じ、触れて心地よい肌触りを実感できる床になっています。無垢材の床の魅力は、夏でもサラサラとした肌触りですし、冬はほのかに温かみを感じられるため一年を通して裸足で過ごしたくなる家になるのです。地元の木をふんだんに使用したことで木材利用ポイントの補助金もあるのでお得に家造りができるのです。

そして壁は琉球漆喰を取り入れました。サンゴ礁をベースに独自の無機固化技術により開発された琉球漆喰は、健康で安全、そして安定性にこだわった塗壁材なのです。この漆喰は調湿効果に優れています。室内の水分が多いと吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれるのです。一年を通して室内の環境を快適に導いてくれるのです。室内干しにしてもこの漆喰の効果で衣類から嫌なにおいがすることなくしっかりと衣類が乾くのです。

このように素材にこだわった家造りをすることで、より快適で、家族の健康が維持できる家になるのです。特に直接肌が触れる床材は、家に遊びに来たお客様からも非常に人気です。一生に一度の大きな買い物となる住宅だからこそ素材にこだわってみましょう。

Posted on 3月 17th 2016 in 家の話

リビングにスキップフロア

コメントは受け付けていません。

先日新築住宅が完成した友人宅へ遊びに行きました。その友人宅にはリビングにスキップフロアが設けられていました。私はこのスキップフロアを見て我が家の新築住宅にもぜひ取り入れたいと思いました。リビング内にスキップフロアを設ける最大の魅力はくつろぐスペースと作業するスペースと分けてリビング内を過ごすことができることです。通常はスキップフロアが設けられていないので、リビングでくつろぐ人もいれば、子ども達が横で遊んだり、リビングの一角で洗濯物をたたんだり家事を行ったりします。リビング内で色々なことが同時に行われ、くつろぐという空間が失われることも多いです。

しかしリビングにスキップフロアを設けることで、スキップフロアは作業するスペースとして利用することができるのです。ここで子ども達を遊ぶスペースとしたり、スタディコーナーとして利用します。子どもが使用しない時は、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりと家事を行う作業スペースとして利用します。また子どもの昼寝スペースとして利用したり、パソコンを行うスペースとして多目的に使用できるスペースとして大活躍してくれるのです。

このように同じリビング内でもくつろぐ空間と作業を行う空間を分けることで空間にメリハリが生まれるだけでなく生活にもメリハリをつけることができるのです。くつろぐリビングスペースに圧迫感を与えないように、腰壁にしたり、アイアンの手すりで空間を区切るのがいいのです。リビングは家族が長時間共に過ごす場所であるだけに快適性を高め、そして家族みんなが楽しく過ごせるように空間造りをしましょう。

Posted on 2月 11th 2016 in 家の話

二階のホール

コメントは受け付けていません。

階段を上がった先のホールを居住スペースの一部として活用してみてほしいと思います。我が家の新築住宅には二階に廊下はありません。このホールを中心に各部屋へ行き来できるようになっています。二階はこのホールを中心に間取りを考えたと言っても過言ではありません。ホールは6帖ほどの広さを確保しました。ここにファミリースペースを設けたのです。

家族で集う場所が一階だけでなく二階にもあることで、家族のコミュニケーションを大事にできる家にもなっています。一階のリビングで過ごす時間と二階のファミリースペースで過ごす時間は違います。一階はくつろぐための空間、二階は親子で遊べる空間というような感じです。この二階のホールに現在子ども達の絵本やおもちゃを並べています。子ども達が自由にそこで遊んでいます。ここをキッズスペースとして利用することで、一階にはおもちゃが散らかることがほとんどなくなりました。

寝る前の時間はここで一緒に絵本を読んだり、トランプやかるたなど親子で遊びを楽しめる空間となっています。子ども達がもう少し成長したらテレビゲームなどするスペースとしても活用できるでしょう。一階と二階で家族で過ごす時間を違った楽しみ方ができるのは嬉しいものです。ここにはカウンターも設けました。将来的に子ども達のスタディコーナーとして利用したり、現在は時々主人が持ち帰りの仕事をするスペースとして利用しています。二階のホールただ各部屋へ行き来するための通路とするのではなく、家族で集える空間造りをしてみてはいかがでしょうか。

Posted on 1月 7th 2016 in 家の話

夫婦で意見が分かれたところ

コメントは受け付けていません。

家造りは決めなくてはいけないことがたくさんあり、夫婦間で意見が分かれることは多いです。我が家でも多くのことで意見が分かれました。その中でも一番頭を悩ませたのが、二階にトイレを設置するかどうかということです。私は、我が家の子ども達がまだ4歳と2歳で二階で過ごす時間が短く、二階にトイレを設置しても使用頻度がほとんどないことを踏まえ、予算とお手入れの手間が2倍になるというのはなかなか納得ができませんでした。しかし主人は、自分が高齢になった時など何かと二階にもトイレがあった方が便利だと言い張るのです。

なかなか結論が出ず話し合いを重ねて、結果二階で過ごす時間が増え、必要性を本当に感じた時にすぐに設置できるようにするということでした。トイレを設置するスペースと配管工事まではしておきます。しかしトイレを設置するのは必要性を本当に感じた時です。それまでは二階の収納スペースとして利用させるのです。子どもの成長と共に、また自分達が歳を重ねるにつれて、住宅に求める形は変わってきます。その時々の変化にしっかりと対応できる家でありたいものです。

その一つが、子ども部屋です。これも夫婦で意見が分かれました。私は子どもが小さいのでそれぞれの個室を現時点から設けるのではなく、将来的に個室が必要となった時に個室に区切れるスタイルにしたいと思っていたのですが、主人は最初から個室を設けておいた方が後々も楽だというのです。しかし建築家の人のアドバイスもあり、子どもの変化に柔軟に対応できる子ども部屋にしたのです。10年くらいは広々ワンルームで共に遊び、共に学ぶ子ども部屋として活躍するでしょう。夫婦で意見が分かれた分、住宅が完成した時の満足感も高まると思います。

Posted on 12月 19th 2015 in 家の話

動線

コメントは受け付けていません。

住宅の間取りを決めるのは重要なことです。この間取りによってその住宅が暮らしやすいかどうかが変わってくるのです。間取りを決める際には、できるだけデッドスペースを作らないようにすること、そして動線に沿って住宅内の動きに無駄を出さないようにすることが大事なのです。

階段下に生まれるデッドスペースをどのように利用するかで住宅の印象も大きく変わってきます。また意外と見落とされているのが廊下です。廊下はデッドスペースでもあるのです。通路の分のスペースを確保するということは、その分居住スペースが狭くなってしまうということにも繋がるのです。廊下のない家というのはデッドスペースが少ない家でもあるのです。

また動線に沿って間取りを決めることで住宅内の動きをコンパクトにすることができるのです。この動線には生活動線と家事動線があります。その両面を考慮しながらしっかり間取りを決めましょう。生活動線とは家族みんなが暮らしやすい家にすることを一番に考えるのです。

例えば玄関近くにトイレがあると便利です。外出前には用を足して外出することも多いですし、帰宅してトイレに駆け込むことも多いです。玄関近くにトイレがあるとその際に便利なのです。また子どもが外で遊んで汚れて帰宅することも多いです。玄関近くに洗面室があると住宅内を汚すことなく手洗いや着替えが行えるのです。また洗面室においてはリビングからの動線も短い方がいいのです。歯磨きや入浴などリビングと洗面室を行き来することは多いです。

このように生活をイメージしながら間取りを決めましょう。家事動線は家事を行う上での動きを重視します。キッチンと洗面室の動線や、洗面室から洗濯物干し場までの動線は短く、そして移動しやすいようにしておくことで家事効率が高まります。間取りはじっくり考えて決めましょう。

Posted on 10月 29th 2015 in 家の話